会長メッセージ

会長挨拶

会長 家城 淳のポートレート

会長 家城 淳

この度,青山藤詞郎会長の後を引き継ぎ,精密工学会 会長を務めさせていただくことになりましたオークマ株式会社の家城でございます.今回,ものづくりに携わるものの一人としてこの任務にあたることとなりましたこと,あらためて責務の重さを感じております.本会の発展に尽力されてきた諸先輩,先生方のこれまでのご貢献に対して,深く敬意を表し,これまでの取組みや熱き思いを継承していくとともに,私なりに貢献できることを拓いて参りたいと思います.

ものづくりの高度化がグローバルに加速しています.Connected Industries,Industrie 4.0,Industrial Internet といったスマートなものづくりを実現する潮流です.こうした潮流は,世界の製造業の覇権を競う国々が,高年齢化社会下の労働人口の減少等々によって国際競争力を失いかねない,そのことへの危惧から,自国の発展戦略として打ち出していると見られます.

こうした中,ものづくりの高度化を支える上で,精密工学会の役割は一層重要になって参ります.そのために注力すべきことは,当学会が精密工学に関する『知の創出活動の場』として,魅力的な場であり続けることです.

『ものづくり』から『ことづくり』への拡がりが進んでいます.日本が提唱するConnected Industriesの本質は,CPS(Cyber Physical Systems)を活用した付加価値創出にあります.その上で実利を高め,現場と人のナレッジをどう活かし学びを重ねていくのか,が重要となってきます.産業界が,その効果を享受出来るようになるにはまだ相当ハードルが高いと考えますが,その構築に向けては,幅広い領域での専門知識とその融合が重要となります.
「精密機械のメカニズムと物理特性」,「精密計測と制御」,「情報の解析と知的判断」.これらはいずれも精密工学の基盤をなすものであり精密工学会が注力する領域です.グローバルな『ものづくり』,『ことづくり』の革新を精密工学の進化が支えていく.精密工学会に課せられたテーマと考えます.

高年齢化社会における課題として,『ひとづくり』があります.目指すべき『ことづくり』の実現には,ひとづくりの進化が必須です.グローバルな激流の中でこそ,常に自己を研鑽することが重要になってくる.常に学び直すことが必要,と言うべきかもしれません.変革する対象が拡がりをみせていく中で,自らにおいても,保有する専門領域を知らぬうちに一つ,もう一つと拡げていく.
第4次産業革命の取組みは,労働人口の減少やものづくり現場で働く人の変化を補いながら,人の働き方を根本的に変えていきます.こうした中で,我々は新たな付加価値を如何にして創出し,提供していくか,を考え続けていきます.

学と産の連携が重要です.精密工学会の学術講演会には8つの対象分野があります.そこで交流すれば,それらの領域とその融合領域について学び,気づきが得られ,新たな研究,開発をスタートする機会となる.『知の創出活動』の場として,精密工学に関わる人々にとって魅力的な場であり続けるよう,取組んで参りたいと存じます.それが,学会における会員数減少問題への本質的な対応になっていく,と考えます.

「ものづくり」は,人々に豊かな社会生活を提供するために極めて重要です.精密工学会は,世界をリードするものづくりに携わる研究者・技術者の集いの場として,今後も様々な活動を展開して参ります.会員の皆さまの益々のご支援とご協力をお願い申し上げます.

歴代会長紹介(歴代会長,副会長の氏名・所属等)

歴代会長,副会長の氏名・所属等をご紹介しております. → 歴代会長紹介へ

PAGETOP
Copyright ©, The Japan Society for Precision Engineering, All Rights reserved.